ぱぱっとごはん8月15日

2008年08月16日

今日は花火をみに行きました。毎年いろんなことがあるから、お盆の頃にみる花火は毎年違う味わいです。この一年常に考えていたことは、たぶん私は今年で人生の半分を生きたんだわということ。父の具合が悪くなり、寝たきりになったことや子供たち三人がほどよく大きくなったことも併せて、毎日大切来過ごしたいという気持ちがいっそう強まった一年でした。花火、みましたか?思いが空に浮かび、ドンという音が「それでよし」と受け止めてくれました。

たこごはん
たこご飯のほしだこ、残念ながらこの近辺では見かけないです。瀬戸内に実家がありますが、あちらにはよくあるものです。干したたこを水で戻しただし汁をつかい、みりんと醤油で炊きます。炊き上がりに生姜を少し千切りにして混ぜます。生のたこでは美味しくできません。
参考までに、私の作り方を書くと、ほしだこはだいたい一掴みぐらい、米三合に油揚げ一枚、醤油大さじ2と3分の1、みりん大さじ2、だしの素を小さじ2でたこの戻し汁プラス水で炊きます。炊きあがりに生姜の千切りを加えて混ぜます。
干したタコが手に入ったら試してみてくださいね。

かじきまぐろのニンニクステーキ

これは作り方を書くまでもない簡単さかもです。
材料
かじきまぐろ人数分(クッキングペーパーで水分をとったら塩胡椒し、小麦粉を薄くはたいておく)、オリーブオイル大さじ4、ニンニク一かけ(薄切り)、鷹の爪半分、醤油大さじ2、みりん大さじ1、バター大さじ1
作り方
(1)フライパンにオリーブオイルを熱し、薄切りニンニクと鷹の爪半分を焦がさないように炒めて香りを引き出したら、かじきまぐろを入れ、中火でじっくりこんがり焼く。途中でさわりすぎるとみがくずれるから注意ね〜。
(2)両面焼けたら鍋はだからみりん醤油(焼き鳥のたれがあると便利)とバターをすべらせ、得意のフライパンさばきで手早く全体にまんべんなくバターみりん醤油をゆきわたらせる。

ぶりの照り焼きも同じやり方で、味付けに焼き鶏のたれを使っております。この夏、焼き鶏のたれと知り合えてスノーフレイクママはかなり手早い料理人になれていますわーい(嬉しい顔)。ほんとにいいでするんるん。突然現れた料理の助っ人、焼き鶏のたれ助るんるん。使える仕事人です。
posted by るとらんらん at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ぱぱっとごはん